【レビュー】「おすそわける メイド イン ワリオ」の良いところと微妙なところ

Nintendo Switch

2021年9月10日に発売されたNintendo Switchのソフト「おすそわける メイド イン ワリオ」をプレイしてみました。
このゲームを遊んでみて、個人的に感じた良いところと微妙なところを紹介していきます。


(この画像は任天堂公式サイトhttps://www.nintendo.co.jp/switch/aw7na/index.htmlより)

良いところ

Switchらしい遊び方

今作のタイトルでもある「おすそわける」より、Joy-Conの片方を他の人に渡すだけで一緒にプチゲームをプレイできます。
そのためSwitchらしい遊び方ができるところが良いです。

くだらなさがGood

メイド イン ワリオシリーズらしい相変わらずのくだらなさで、ゲームをしながら思わず笑っちゃうようなことがあります。
このくだらなさこそがメイド イン ワリオシリーズの一番の魅力だと思います。

みんなで盛り上がれる

やはりこのゲームは1人ではなく、みんなでワイワイ遊ぶゲームとしては良いと感じました。
友達や恋人、家族やお子さんと一緒に遊べば盛り上がること間違いないでしょう


【新品/在庫あり】[ニンテンドースイッチ ソフト] おすそわける メイド イン ワリオ [HAC-P-AW7NA]

微妙なところ

キャラクターを操作

今作はキャラクターを操作するシステムに変わり、各キャラクターに操作の癖があるため、同じミニゲームでもキャラクターによって攻略方法が違います
そのため、やりにくさを感じてしまうかもしれません。
ですがもちろん、これを面白いと感じる方もいると思います。

ボリューム不足

ゲームがある程度得意な人にとっては、ストーリーが短くボリューム不足に感じるかもしれません。
また、オンラインに接続して、世界中のプレイヤーとスコアを競うワリオカップというモードなどのやりこみ要素があるが、この「やりこみ要素」が面白いと感じられないとすぐに飽きてしまいます。

あくまで個人的な感想なのでご参考までに。
それではまた!

タイトルとURLをコピーしました